電話対応の外注について

個人経営の仕事をしている人は、雑用や電話対応なども全て自分でこなします。常にオフィスで仕事をしているなら、これも可能ですが、営業や外出が多くオフィスを留守にする場合、取引先から電話があった時、留守電があれば簡単な用件は伝えられますが、重要な話はできません。

こういう時電話番や留守番をしてくれる人が居ればいいのですが、人を雇うと人件費がかかるので簡単ではありません。携帯にかけてもらえば、外出先でも電話に出られますが、会議中や商談中は電話に出られないため、これもデメリットがあります。

こういう問題を解決する一つの案として、電話対応を外注するという方法があります。オフィスを留守にしている間も、電話代行サービスをしている会社に依頼すれば、電話を転送して秘書代わりをしてくれます。オフィスに人を呼ぶ必要はなく、電話を転送するよう設定するだけだから、人件費も秘書を1人雇うより安く済みます。

電話代行サービスを担当する秘書役の人は、電話対応の仕方も訓練を受けていますので、安心して任せられます。かかってきた電話は、後でまとめて知らせてもらう事もできますし、必要に応じてその都度知らせてもらう事もできます。簡単に人を雇えない個人経営者でも、人件費を節約できて、さらに留守中の電話にも対応してもらえるというとても便利なサービスです。

電話に出る時は、自分の会社名を名乗るので、電話代行サービスを利用している事は相手にはわからないようになっています。