電話代行のメリット・デメリット

電話代行サービスを利用するメリットは多いですが、時にデメリットになる部分もあります。電話対応を外注する際のメリットとデメリットを紹介します。

メリットは電話番や秘書を1人雇用する事に比べて、人件費が節約できる事です。留守中の電話応対という内容は同じでも、かかる費用は電話代行サービスの方が安く済みます。オペレーターは、電話応対についてきちんと教育や訓練を受けている人が多いから、一から教える必要もなく、丁寧な応対をしてくれます。業種によっては、電話対応にも専門的な知識が必要になる事もありますが、専門的な分野に対応できるオペレーターも希望できます。

ずっとではないが、繁忙期だけ電話対応をして欲しいというような時は、短期契約ができます。普段はオフィスで仕事をしているが、繁忙期は留守になりがちというような場合、1人雇うよりも、電話代行サービスに短期間だけ依頼すれば、費用も安く済みます。

専門的な知識を持ったオペレーターが対応すれば安心して任せられますが、こういう場合はオプションを追加するので、少し費用が高くなります。丁寧な対応でも、相手によっては不快に思い、会社にクレームを受ける事もあります。こういったメリットとデメリットを理解しておく事が大切です。