電話代行会社選びのコツ

留守中の電話対応を外注するにあたり、電話代行サービスを選ぶ時のポイントはいくつかあります。サービス内容は各電話代行サービスにより異なりますが、基本料金に含まれるサービスと、オプションで追加するサービスがある場合、必要なサービスがオプションだと追加料金が発生します。料金も会社により異なりますが、自分の会社にとって必要なサービスが基本料金で賄えるかどうかも確認します。

電話代行サービスにもいくつかのプランがあって、プランによってもサービス内容は違います。当然ですが、サービス内容が充実しているほど料金はアップしますが、それが必要なサービスであるかどうかも重要です。使わないサービスはあっても意味がないからです。

留守中にも電話対応をしてもらえるのは安心ですが、相手には電話代行サービスとはわからないため、自分の会社の窓口となるわけです。この場合きちんとした対応をしてくれるのか不安に思うこともあります。こういう場合は、自分や知人が電話をかけ確認する事もできます。すぐ依頼するのが不安な場合は、1ヶ月間のお試し期間を設定しているところなら、気軽に試せます。またお試し期間を終え、対応に不満がある場合は料金を取らないなど、保証があるところもオススメです。